動物と人間のスピリチュアルな違い|エーテル体とアストラル体

人間だけが複雑な感情を表現したり、知的に思考したり創造したりできるのは、動物にはないエネルギーをまとっているからです。

この記事では、動物と人間の違いをスピリチュアル的に解説したいと思います。

人間と動物は、構成エネルギーが違う

人間と動物はいろいろな面で違いますね。
人間は複雑なことを考え、感じ、想像し、創造します。
対して動物は、人間ほど複雑に考えたり感じたりしないけれど、本能や直感はかなり優れていて、生きる底力みたいなものは人間よりも強いです。
その違いは、人間と動物を成り立たせている要素の違いから生じています。
つまり、人間を作り上げている「モノ」と動物を作り上げている「モノ」の違いです。

その「モノ」とは、このブログでは毎度おなじみ「エネルギー」のこと。

動物はエーテル体(物質)とアストラル体(感情)というエネルギーだけで構成されていますが、人間はそれらに加えてメンタル体(精神)やコーザル体(魂)という高次のエネルギーも持っています。
(魂としては、さらに高次元のブッディ体やアートマ体もあると言われています。)
ちなみに、植物のエネルギーはエーテル体のみです。

動物はエーテル体がメインなので本能に逆らえない

まず、エーテル体がどんなものが簡単にご紹介しましょう。

エーテル体は生命力であり、肉体を維持するためのエネルギーです。
肉体にもっとも近いエネルギーで「氣」とも言いますが、エーテル体は氣を生み出すだけでなく、外側から氣を取り込んで肉体に供給する働きもしています。
ツボや経絡などもエーテル体に存在していて、ツボ押しや気功などはエーテル体に働きかけて肉体を回復させるテクニックです。

氣を循環させて身体(物質)を作り上げるエーテル体は、肉体と密接に結びついています。
肉体はエーテル体の一部、と言ったほうが的確ですね。
エーテル体が傷つくと、傷ついた部分の臓器が不調になるし、逆に、肉体に痛いところがあれば、そのあたりのエーテル体は確実に破損しています。
人間や動物だけでなく、虫も植物も、すべての身体がある生物はエーテル体を持っています。

動物はエーテル体のほかにアストラル体も持っていますが、エーテル体の割合のほうが圧倒的に大きいです。
ほとんどの動物はエーテル体のみで構成されている、といっても良いくらいです。
犬や猫などのペット、ゾウ、サル、イルカなど比較的知能が高い動物はアストラル体もあることはあるけれど、人間にくらべたらほんのちっぽけなものです。

ほとんどエーテル体のみで構成されている動物は、言わば、

エーテル体に支配されている

わけです。

つまり、動物は、生まれ持った身体(エーテル体)によって経験できることが決まっていて、身体(エーテル体)でどう感じるかが生存のすべてになってるということです。

スポンサーリンク

エーテル体に支配されているから、本能(脳)にしたがって、身体の要求どおりに行動します。そうするしかできないのです。

野生の動物は、教えられなくても何を食べるべきか知っていたり、食料を蓄えたり、狩りをしたり、泳いだりできます。
生まれながらに自分が何をすべきか、どう行動すべきかを知っていて、そのルールに従って生きています。逆に言うとそれは、エーテル体だけで生きているからできることなんです。

さらに言うと、動物が人間のように義理や人情にもとづいた行動をしないのも、エーテル体に支配されているからです。
身体が感じる「心地よい・心地悪い」がすべての判断基準になっているから、義理も恩義もなにも感じないのです。
ただ、動物にも多少はアストラル体があるので、犬やゾウなどの中には、人間や他の動物に対して思いやりや優しさを示す個体もいます。それはアストラル体があるからできる行動です。

エーテル体メインである動物は、エーテル体を通してしか宇宙とつながれません。
精神と魂が発達していない動物は、死ぬとその魂は全体(オーバーソウル)に吸収され、個体としての個性を持った魂は消え去ります。

人間はアストラル体の影響も大きいので複雑

エーテル体(肉体)だけに依存している動物に比べると、人間は、アストラル体やそれ以上の高次エネルギーの影響も大きいのでかなり複雑です。

アストラル体は「感情体」とも言い、その名の通り、感情が発生するエネルギー場です。
喜び、悲しみなどのシンプルな感情はもちろん、恐れ、恨み、妬み、至福感、渇望などの複雑な感情もアストラル体で発生します。
アストラル体はエーテル体(肉体)と重なり合っているので、アストラル体で発生した感情エネルギーは肉体にも影響します。
例えば、不安を感じたときに、胃や心臓がキュッと締め付けられる感覚になるかと思いますが、それはアストラル体で不安のエネルギーが発生し、その感情エネルギーがエーテル体に押し下げられて胃や心臓に影響するのです。
人間は病気になると、エーテル体レベルだけでなくアストラル体レベルからのダメージも大きいので、エーテル体メインの動物よりも症状が重く出ることが多いです。

 

人間は、アストラル以上の高次エネルギーを持っているおかげで、想像したり、楽しんだり、難しいことを考えたりできます。
つまり、肉体に縛られずに自由に意識を使えるのです。

でも、エーテル体から離れすぎてしまうと、自分にとって何が良いか悪いか分からなくなり、体にとって良くないことも平気でしてしまうようになります。
例えば、アルコールを大量に飲んだり、油ギトギトの揚げ物ばかり食べたり、睡眠を十分にとらずに遊びまわったり・・・・
人間は動物のようにエーテル体にがっちりと結びついていないから、意識して身体をメンテナンスする必要があります。

スポンサーリンク

関連記事

ネガティブな感情や記憶などの「心の傷」を手放す4つのステップ

ツインレイとカルマ~カルマは2人の関係にどんな影響をもたらすの?

幸運を呼び寄せる5つの秘訣~幸運体質は今から作ることができる

賢く怠ける方法~罪悪感なく怠けるにはどうすれば良い?

男の悩みは電話占いで解決!男性が利用しやすい電話占い3選

健康の秘訣!本当の「身体の声」を聴く方法