腰痛のスピリチュアルな原因と改善法~痛みは何を意味しているの?

医学的に言われている腰痛の原因は、様々あります。

長時間の座り仕事・立ち仕事、運動不足、睡眠不足、うつ、ストレス、加齢、スポーツや事故の後遺症・・・・・

原因が分かれば治療することもできますが、「原因不明の痛みで、どうしていいか分からない」と苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。

病院のレントゲンで異常がなく、いろいろな治療をしても効果を感じられないのであれば、もしかしたらあなたの腰痛は、筋肉や神経など肉体的な問題ではなく、感情面・精神面が原因かもしれません。

ここでは、スピリチュアルな視点から腰痛の原因を探り、痛みがもたらす意味、そして改善方法をご紹介したいと思います。

ネガティブな感情が腰痛の原因となっている

私たちの身体は、肉や骨、血、内臓などの「物質」で構成されていますが、物質以外にもう一つ、身体を機能させる上で重要な役割をしているものがあります。

それは、「エネルギー」
東洋医学で「氣」と言われるものです。

身体を通る氣・エネルギーは目に見えないけれど、身体を正常に機能させるために必要不可欠であり、私たちの心身の健康を大きく左右するものです。

東洋医学やスピリチュアルな知識においては、私たちの「感情」もエネルギーの一種であり、ネガティブな感情は、内臓にダメージを与えると考えられています。

例えば、「怒り」の感情エネルギーは肝臓、「恐れ」のエネルギーは腎臓や膀胱に蓄積し、それぞれの内臓機能を低下させるのです。

 

この記事のテーマは「腰痛」なのに、なぜ内臓や感情の話から始めたのかというと、内臓に溜まったネガティブな感情が、腰痛の原因となりえるからです。

腰の内側には、肝臓や腎臓、胆のう、膀胱などたくさんの内臓が詰まっていますよね。
多くの内臓が位置している腰は、感情エネルギーの影響をいちばん受けやすい箇所なんです。

 

↓ レイキなどのエネルギーワークが腰痛を和らげます。

⇒ 電話占いデスティニー公式サイトへ

痛む部位によって意味が異なる

腰の上部の痛み

腰の上側(腰椎2から胸椎11辺り)には、肝臓や胃、小腸、脾臓などが位置しています。
ここは、体内のエネルギー(氣)の巡りをコントロールしていて、身体全体の健康において重要な部位です。

腰の上部に感情的・精神的なブロック(詰まり)があると、身体全体のエネルギーバランスが崩れて体調を崩しやすくなると言われています。

 

多くの場合、腰上部の痛みは「不安感」や「罪悪感」「過去に捕らわれている状況」を表しています。

過剰に心配したり、考えすぎたりしていませんか?
本心では今の状況から逃げ出したいのに、不安で足がすくみ、前に進めなくなっているのではないでしょうか?

 

また、腰は身体を支えるコアの部分なので、痛むということは “支えられていない” と感じている、つまり、あなたの深層意識では “周囲の人や社会からのサポートが足りない” と思っている可能性があります。

腰の下部の痛み

腰の下側(仙骨から腰椎3辺り)は、腎臓や膀胱の影響が大きい部位です。

スポンサーリンク

腎臓や膀胱は、「恐れ」「恐怖」のエネルギーが溜まる臓器であり、恐れが大きいと腰の痛みとして現れます。
多くの場合は、生きることへの恐怖や、お金など物質的なものや自由を失うことへの恐れが、腰下部の痛みの原因となっています。

 

また、腰の下部には第二チャクラが位置していて、人間の生命エネルギー(性欲、気力)を蓄えておくエネルギーセンターでもあります。

第二チャクラのエネルギーが強ければ、腰痛になりにくいのですがが、生命エネルギーは持って生まれたものなので、意図的に強めるのは難しいとされています。

ただ、病気で腎臓の機能が弱っていた場合は、腎臓機能が回復すると、もともと持っている生命エネルギーが強まり、腰痛が和らぐケースもあるようです。

 

さらに、腰の下部の痛みは、自分の能力以上のことをやっている(やらされている)状況を示唆している場合もあります。

仕事や家庭で、大きなストレスを感じているのではないですか?
何十キロもの荷物を背負って生きている感覚があるのでは?

この場合は、その重荷を降ろしてストレスの原因を取り除くと、劇的に腰痛の痛みが改善します。

腰痛を和らげるスピリチュアルな方法

ネガティブな感情は、ストレスを生みます。

ストレスからくる腰痛に悩む人の多くは、生真面目で几帳面、責任感が強く仕事熱心など、共通する性格を有しているのだそうです。
目標に向かって努力する頑張り屋さんなんですね。
頑張ってしまうからこそ、いちばん大切にすべき自分の体と心のケアが二の次になってしまうのでしょう。

自分自身の気持ちに正直になり、身体が喜ぶことをしてあげると、腰痛は徐々に良くなってくるはずです。

自分のネガティブな感情やストレスを認識する

「恐れ」や「怒り」などのネガティブな感情が腰痛の原因となっているのであれば、マッサージや鍼・お灸など外側からの治療をしても、根本的な改善にはなりません。

痛みを作り出しているネガティブ感情を認め、その感情に伴うストレスを解消することで、痛みは軽くなるはずです。

思考の裏に隠れている 自分の ”感情” に注目してください。

ネガティブな感情は、その存在を認めることで浄化され始めます。
自分自身について感じているネガティブな思いを紙に書きだすことも有効です。

そして、できる限りやりたくないことをやらずに、自分自身の本音に従って行動してください。

レイキやヒーリングを受ける

マッサージや鍼治療などで効果がなかったら、エネルギーワークを受けてみてください。

特に、慢性化している腰痛や、すぐに痛みを和らげたい場合には、レイキやヒーリングを受けることをおすすめします。

レイキやヒーリングは、体内のエネルギーをコントロールして、痛む箇所に溜まっている感情的ブロックを取り除く手法です。

施術を受けると、理由もなく涙が出ることがありますが、それは不要なブロックが取り除かれているという証拠です。

私は、何度か遠隔ヒーリングを受けたことがありますが、筋肉がほぐれて痛みが和らぐだけでなく、身体に内在している生命エネルギーを感じ取れるようになり、身体への見方や扱い方が変わりました。

ちなみに、ヒーリングやレイキは、遠隔で受けても直接受けても効果は変わりません。

 

↓ 遠隔でヒーリングやレイキが受けられます。
10分無料鑑定

電話占いデスティニー公式サイトへ

スポンサーリンク

関連記事

頭痛のスピリチュアルな原因と意味~痛みがあなたに伝えたいこと

生きる力が失われるソウルロス~魂が欠ける原因と症状、回復法は?

人はなぜ浮気をするのか?|パートナーを裏切る5つの理由

DNAがアクティベート(活性化)しているサイン・兆候

【恋愛】彼に依存している兆候|依存を止める方法は?

彼とのケンカを止める方法~ケンカの原因はあなたにある?!