死んでしまったペットの気持ちを知る方法~動物は何を伝えたいのか?

ペットが死んでしまうショックと悲しみは、人間が亡くなった時と同じくらい、あるいはそれ以上に辛いもの。

天国へ行ってしまったペットが、今、何を思っているのか、生きている時にどんなことを考えていたのかを知りたいと思うのは当然です。

ここでは、最愛のペットの気持ちを知る方法、そして、動物の魂とコミュニケーションを取るとはどういうことなのかをお教えします。
あなたの心の痛みが、少しでも和らぐことを願っています。

死んでしまったペットの気持ちを知る方法

チャネリング

死んでしまったペットの魂は、肉体を離れ、エネルギー次元に行きます。

物質世界を卒業し、エネルギー次元に旅立ったペットの魂とコミュニケーションする方法は、チャネリングしかありません。

チャネリングは、潜在意識のレベルで他次元の魂と交信することができる霊能力者(チャネラー)を介して行なわれます。

チャネラーは、動物の魂の周波数と同調して非言語メッセージを感知し、それを人間の言葉に変換して相談者に伝えてくれるのです。

つまり、チャネラーは、動物の魂が存在するエネルギー世界と、地球の物質世界を繋いで、それぞれの言葉を伝える通訳者のような役割をするわけです。

どんな動物でもチャネリングで交流できるのか?

チャネリングは、魂とコミュニケーションする方法なので、魂を持つ全ての動物、ペットとチャネリングすることができます。

犬や猫、ウサギ、ハムスター、馬など哺乳類だけでなく、昆虫や魚などともチャネリングすることは可能。
でも、虫や魚介類などは、魂の進化レベルが人間とは違いすぎるので、コミュニケーションと言えるような交流はできないと考えた方がよいでしょう。

 

↓ 霊能力者がペットの気持ちを読み取ります。

⇒ 電話占いヴェルニ公式サイトへ

動物の魂とコミュニケーションすることとは?

死んでしまった動物とコミュニケーションするとは、いったいどういうことなのでしょうか?

人間と動物との意識レベルの違いや、ペットがどんなメッセージをくれるのかについて解説します。

動物と人間は、意識レベルが違う

人間と同じように、どんな動物も魂を持っていて、輪廻転生を繰り返しています。

動物の魂は、寿命が尽きると、身体から離れて魂のグループへと帰ります。

動物の魂グループは、2次元の意識レベルにあります。
人間の魂グループは、3次元の意識レベル。今は4次元へと移行しつつある人も多いので、それ相応のグループもあります。
動物と人間は、魂のグループが違うんですね。

 

人間も動物も、それぞれの学びと経験に合わせて次の転生をします。

人間の魂は、自分で来世を決めることができますが、動物の魂は、彼らよりも魂レベルの高い存在の判断により来世が決定します。

なぜなら、彼らの魂はまだ、人間のように「自分を向上させるために何かを選ぶ」という意識レベルに達していないからです。

動物には、まだ “自分” という概念がなく、自我が存在しません。
「私・あなた」「私たち」など、他者と自分の違いや、自己認識を学んでいる段階にいるのです。
そして、「快・不快」、「痛み・気持ちよさ」「安全・危険」など、生存に関することだけを意識します。

意識レベルの違いゆえに、人間が動物とコミュニケーションを取るには、頭脳ではなく、直感や霊能力を使う必要があるのです。

たまに、人間じゃないかと思うほど賢い犬やチンパンジーがいますが、そのような個体は、来世で魂レベルが高い生物に生まれ変わるのかもしれません。

動物固有の魂のメッセージはシンプル

動物は魂が未発達なので、個性にそれほど違いがなく、意識構造も単純です。

だから、動物からのメッセージはとてもシンプル。
言葉ではないけれど、コンセプトがはっきりしていて分かりやすいのが特徴です。

動物が伝えるメッセージの多くは、「愛」です。
特に、人間に可愛がってもらったペットは、飼い主に愛を伝えたいと思っています。

死んでしまった犬が「結婚して子犬を生みたかった」だとか、「もっと良いドッグフードを食べていたら、長生きできたかも」なんて文句を言うことはないのです。

チャネラーが動物の魂に対して愛を伝えたら、彼らも愛のイメージを返してくれます。
それは、飼い主との楽しかった思い出や、生きている時に好きだったことや場所などのイメージかもしれません。
あるいは「会いたいよ」「撫でてほしい」という思いかもしれません。

スポンサーリンク

チャネラーは霊感を使ってそのイメージを受け取り、言葉に置き換えて相談者に伝えます。

動物のハイヤーセルフと繋がる

動物の魂からのメッセージはシンプルと言いましたが、チャネリングをすると、動物の意識レベルを超えた、深い意味を持つメッセージが降りることもあります。

それは、その動物のハイヤーセルフ(高次の自己)からの言葉です。

チャネリングでは、相談者のペットの魂を特定するため、そして、動物の周波数に同調するために、チャネラーはその動物のハイヤーセルフと繋がる必要があります。

動物は、人間とは違う周波数のエリアにいるため、そこから情報を得るためには、人間のハイヤーセルフと動物のハイヤーセルフを仲介しなければならないのです。

そして、動物のハイヤーセルフは意識レベルが高い存在なので、動物自体の魂よりも深いコミュニケーションができます。

もしチャネリングで、死んでからの状況や今いる場所など複雑な情報を聞いたら、それらはペットのハイヤーセルフからの情報であり、ペットの魂自体からのものではないと思った方が良いということです。

何度も言いますが、ペット本来の魂からの言葉は、極めてシンプルです。

ペットの魂は死後もあなたの側にいる

ペットは、死んで肉体がなくなった後も、エネルギー体として人間と繋がり続けます。

私の個人的な体験ですが、飼っていた犬が死んでしまってから1ヶ月後、その犬の幽霊を目撃したことがあります。

ミニチュアダックスだったのですが、茶色い毛の物体がリビングのドアを通り抜けて、廊下へ出ていくのを見ました。
一緒に暮らしていた母も何度か見た事があると言っていたので、私がおかしくなったわけではないと思います。

元占い師の友人にそのことを話したら、彼女は「ペットが、エネルギー体として家族の元に戻ってくることはよくある」と言っていました。
成仏していないわけではなく、「一緒にいるよ」ということを伝えたくて、戻ってくるらしいです。

特に、愛情をたくさんもらっていたペットの魂は、しょっちゅう戻ってきて、新しいペットに「こんな行動をしたら、家族が喜ぶよ」とアドバイスすることもあるのだそう。
動物は、死んでしまってからもけなげで可愛いですね。

ペットの気持ちを読み取ることを得意とする占い師

死んでしまったペットの気持ちを読み取るチャネリングを得意とする占い師をご紹介します。
生きているペットの気持ちを読み取ることもできる先生です。

春清 (カスガ) 先生 電話占いヴェルニ在籍
霊感・霊視をメインに、様々な占術を使いこなす春清 (カスガ) 先生。

ペットの気持ちを読み取るだけでなく、相談者の守護霊からのメッセージを降ろすこともできるほどチャネリングを得意とされています。

苦難な人生を歩まれてきた先生だからこその、温かみ溢れる鑑定が特徴です。

1500円分の無料鑑定実施中
ヴェルニ公式サイトで詳細を見る

 

鹿島成浩(カシマセイコウ)先生 電話占いピュアリ在籍
ペットの気持ちを読み取り、交信できるだけでなく、ペットへのヒーリングをすることも得意とされている鹿島成浩先生。

生まれながらに持ち合わせた霊感・霊視を使った鑑定には定評があり、リピーターが後を絶ちません。

透視でも高い実績があり、タレントや政財界のクライアントも数多く持たれています。

初回10分無料鑑定実施中
ピュアリ公式サイトで詳細を見る

スポンサーリンク

関連記事

守護霊と対話する方法とコツ~守護霊の特徴・交信した体験談

相談内容で占い師を選ぼう!電話占い絆(きずな)評判の占い師8選

美愛(びあん)先生ってどんな占い師?口コミ・評価を徹底検証

【電話占い体験】復縁できるか?神女(カミンチュ)先生に相談

チャクラは体の不調や魂の本質を表す

「大地の予言」ジオマンシー|図形の意味・解釈