「ルーン」ってどんな占い?|ルーンとタロットどちらが当たるの?

ルーンは、タロットより知名度は低いですが、”よく当たる” 占いです。

この記事では、ルーンはどのような占術なのかをご紹介し、ルーンがよく当たる(と私が思っている)理由を、タロットと比べながら解説します。

ルーン占い・ルーン文字とは

古くからの歴史ある占い

ルーン占いは、ルーン(runes)と呼ばれる文字が書かれた小石やタイルを使って、物事の行く末や未来を読み解く占術です。


↑ ルーン文字

 

ルーン文字の起源は不明ですが、伝説によると、ノルウェーの神オーディンが宇宙の真ん中に存在する木に9日間ぶら下がり、異次元の世界を覗いて得た知識によってルーン文字が作られたと言われています。

「ルーン」という言葉には「秘密」「隠されたもの」という意味があり、ローマ時代の遺跡から、ルーン文字が占いや魔術で利用されていた証拠も発見されています。
ルーン文字が書かれたアクセサリーを、魔除けのお守りとして身に付けることもあったようです。

今でも北ヨーロッパのいたるところに、ルーン文字が刻まれた石碑が残っているんですよ。


↑ ルーン文字が刻まれた石碑

 

現在、占いで使われるルーンセットには、一つのルーン文字が刻まれた24個の小石と、1つの空白の小石、合計25個の小石が布袋に入っています。
それぞれの文字には意味があり、空白の小石は「未知のもの」「あなたが理解することさえできないもの」を表します。

占いのやり方はタロットと似ている

基本的なルーン占いのやり方は、とてもシンプル。
ルーンが入った布袋の中に手を入れ、25個の小石の中から一つを取り出してその意味を解釈するだけです。
タロットカードを一枚引くワンオラクルと同じで、ルーンは質問に対して速攻で答えを得ることができる ”お手軽な占い” です。

詳しく占いたい時は、複数のルーンを使用してスプレッドを展開することもできます。

ルーンは占い上級者向け

ルーンは ”お手軽な占い” とは言いましたが、実際にルーンを使いこなすには、かなり勉強しなくてはなりません。

もちろん、24個の文字の意味を覚えることは必須。
さらに、逆位置で違う意味になる文字もあるし、スプレッドやレイアウトのやり方も覚えなければならないので、それなりの記憶力が必要です。

そして、単純にYES/NOで答えが出る占いではないので、直感力や霊能力を磨かなくては、明確な答えを得ることができません。

ルーン占いは誰でもできるわけではなく、通常は、占いを本業とする霊能力者がインスピレーションを得るために使うことがほとんどです。

 

↓ ルーンを使いこなす霊能力者が在籍しています。

⇒ 電話占いヴェルニ公式サイトへ

ルーン占いはタロット占いより当たるのか?

ルーンもタロットカードも、「潜在意識」や「魂」などからの情報を得るための優れた道具です。
「高次元のメッセージを言葉に置き換えるためにルーンを使って、現状の問題の行く末を視るためにタロットカードを使う」という霊能力者もいます。

スポンサーリンク

ただ、「ルーンとタロット、どちらが当たるの?」という質問に対しては、占う人の力量や経験値もあるので、一概には言えません。

でも、電話占いで多くの占い師に鑑定してもらったことがある私の経験から言うと、ルーンの方が、タロットよりも “真実に近い答え” が得られるのではないかと思います。

その理由を書きますね。

ルーンは占う人の主観が入り込まない

私が、「ルーンが、タロットより真実の答えを得られる」と考える理由は、タロットは ”絵と単語” が書かれているけれど、ルーンは ”文字だけ” が書かれているから。

タロットカードには絵と単語が描かれているので、占い結果を解釈する時に、どうしても占う人の主観が入ってしまいがちだけど、ルーンは文字だけなので、占う人による解釈のブレがタロットよりも少ないのです。

ルーンは、出た文字をそのまま答えとして受け取れば良いだけなので、「憶測」や「解釈」の余地がほとんどない、というわけです。

ルーン占いは、占い師の考えや先入観に邪魔されることのない分、タロットよりも信ぴょう性がある、と私は考えています。

ルーンはタロットより直観力・霊能力が必要

ルーンは、誰にでもできる占いではありません。
絵柄でなんとなく意味が分かってしまうタロットよりも難しく、ちゃんと勉強した霊能力者でなければ使いこなせない ”術者を選ぶ占い” ということも、私が「ルーンの方がタロットより当たる」と考える理由の1つです。

ルーンは、タロットのように絵柄を見て「なんとなくこんな意味かな~」という素人判断ができないんですね。

”甘えが許されない占い” と言えるかもしれません(笑)

また、ルーンは「YES/NO」で答えが出ることがなく、状況を良くするためにどうすべきか、どんな方法を取るべきかなどの、アドバイス的な答えが欲しい人に適している占いなのですが、時として「いったいどういう意味なの?」という曖昧な答えが出ることもあります。

そこでも必要となるのが、直観力や霊能力です。

ルーンで、詳しい答えを解き明かし、当たる結果を導き出すには、研ぎ澄まされたシックスセンス(第六感)・霊能力が必要不可欠というわけです。

ルーンを得意とするオススメ占い師

霊能力者によっては、ルーンとタロット、その他のオラクルカードなどを組み合わせて占います。
例えば、現状の問題や物事の行く末を知るためにタロットカードを使い、エネルギー次元に繋がって必要な情報を得るためにエンジェルカードを使い、精神面・心理面の問題を把握するためにルーンを使う・・・

複数の道具を使うことで、メッセージや情報が互いに補完し合い、より深い洞察を得ることができるのです。

ルーンを含め、数多くの占術を使いこなす占い師をご紹介します。

緋鞠 (ヒマリ) 先生 電話占いヴェルニ在籍
生来の霊媒体質で、相手の意識や亡くなった人の想念にシンクロして細かい気持ち・状況を読み取ることを得意とする緋鞠先生。
電話鑑定では、霊感霊視をメインとした丁寧で正直な鑑定が持ち味。

ルーン・霊感タロット・波動修正・占星術など数多くの占術を習得しておられるため、相談者が占術を選ぶことも可能です。

1500円分の無料鑑定実施中
ヴェルニ公式サイトで詳細を見る

 

スポンサーリンク

関連記事

霊能力者・霊媒師・チャネラー、悩み相談するならどの人に頼るべき?

キララ先生ってどんな占い師? 口コミを徹底検証してみた

レイキとシータヒーリング効果あるのはどっち?それぞれの特徴を解説

アカシックレコードとは? 電話占いで過去世を知った体験談

スピリチュアルヒーリングの種類~あなたに合うヒーリングは?

チャクラは体の不調や魂の本質を表す