虫歯、歯周病など歯のトラブルのスピリチュアルな意味

私は子供の頃から、歯医者の常連客。
食べたらちゃんと歯を磨いているのに、すぐに虫歯になるんです。
特に子供の時は酷くて、一年を通して歯医者の予約をしていない時の方が少ないくらいでした。
大人になった今でも、2~3年に一度、検診に行くと必ず虫歯が1~2本見つかります。

全然歯磨きしなくても、まったく虫歯にならない人もいるじゃないですか。なぜなんでしょう? 不公平ですよね(-“-)

歯医者さんが言うには、唾液に含まれている虫歯菌を殺す成分が、生まれつき強い人と弱い人がいるらしいです。

自分でもいろいろ調べましたよ。
歯が傷むということは、身体が何らかのメッセージを発しているに違いない! 虫歯にもエネルギー的な原因があるんじゃないか? と思ってね。

調べているうちに「やっぱり!」と納得できることもあり、いろいろ面白いことが分かったので、この記事でまとめてみました。

虫歯や歯周病は、感情や思考のエネルギーが原因かも

虫歯や歯周病のそもそもの原因は、「強い酸をつくる菌が口の中で増殖し、歯を溶かすから」です。
Wikipediaにもそう書いてあります。

ですが、調べていくと、「感情」や「思考」が虫歯の根本的な原因となっているケースがあるようなんです。
つまり、自分の「感情や思考のエネルギー」が、口の中で虫歯菌を増殖させて歯を溶かす原因となっているわけ。

意味不明?
ですよね(笑)

でもちょっと考えてみてください。

「ストレスは、病気を引き起こす原因の1つ」
これは誰もが認める事実ですよね。
ストレスは、体内でガン細胞を増殖させて、ガンを発症させます。

それと同じように、

ネガティブな感情エネルギーが、口腔内で虫歯菌を増殖させて、虫歯を作る。

そう考えると、何ら不思議ではありません。

その場合、自分の「思い癖」を直して、感情・思考エネルギーを変えない限り、次々に虫歯ができるらしいですよ。怖っ!

歯は感情エネルギーを引き寄せる

歯って、硬いですよね。
歯は、身体のなかでもっとも硬い組織です。
「硬い」ということは、それだけ「密度が濃い」ということ。

「密度が濃い」と重力が強く働くので、エネルギーレベルでも引き寄せるパワーが強いんです。

つまり歯は、「感情や思考のエネルギーを引き寄せて吸収する物質」ということ。

歯が吸収した感情エネルギーは、本人が意図的に解放しない限り、そのまま歯にとどまります。
そして、感情を抑圧するたびに、その感情エネルギーは歯にどんどん蓄積され続けます。

歯は、感情エネルギーを吸い込む「掃除機」であり、感情エネルギーを貯めておく「倉庫」のようなものと言えますね。

歯にエネルギーを溜め込むということ

歯が溜め込みやすいエネルギーは、「悲しみ」「怒り」「不安」「恥」「恨み」などのネガティブな氣です。

あなたはネガティブな感情を感じた時、どうしますか?
感情を押し殺したり、感じない振りをしたり、なかったことにしたりすることは多いのではないでしょうか。
大人になると、いつでもどこでも泣いたりわめいたり、文句を言ったりしてエネルギーを解放することってなかなかできないですからね(^^;)

でも、そうやって抑圧されたそのエネルギーは、身体の中で行き場を失い、最終的には歯に貯まっていくんです。

人によっては、感情エネルギーを歯ではなく、内臓や骨などに溜め込む人もいますが、子供のころから虫歯が多い人や、口腔内のトラブルが多い人はたいてい、歯がネガティブな氣を貯める役割をしている可能性が高いそうです。

スポンサーリンク

歯と内臓は繋がっている

東洋医学や漢方薬学では、私たちの身体には氣(エネルギー)の経路がびっしりと張り巡らされていて、歯の一本一本はそれぞれ、氣の経路によって「内臓」と繋がっていると考えられています。

私たちは、「内臓」で感情を感じます。

例えば、

  • 不安を感じると胃が痛くなる。
  • 怒りっぽい人は、肝機能に問題を抱えやすい。

など、身に覚えのある人もいるのではないでしょうか?
これらは、内臓がネガティブな感情を感じているからですよね。

「内臓は感情を感じる」ことを科学的に証明することはできないけれど、少なくとも、内臓が感情エネルギーの影響を強く受けるということは事実です。

そして当然、氣の経路によって各臓器と繋がっている歯も、多少なりとも感情の影響を受けるわけです。
ネガティブな感情によって、まず内臓が傷つき、その影響で虫歯や歯周病になるということも充分に考えられるのです。

各歯と繋がっている内臓、感情を示した図を載せておきますね。

 

・ピンク
内臓:腎臓、膀胱
感情:恐れ、恥、罪、強い疲労感、無気力

・ブルー
内臓:肝臓、胆のう
感情:怒り、イライラ、憤り、非難、コントロール欲

・黄色
内臓:肺、大腸
感情:慢性的な悲しみ、寂しさ、閉塞感、独断的、強迫観念

・緑色
内臓:脾臓、すい臓、胃
感情:不安、自己嫌悪、憎悪、自尊心の低さ、執着

・赤色
内臓:心臓、小腸
感情:孤独、屈辱、疎外感、急な悲しみ、楽しみの欠如

歯とチャクラの関係

虫歯や歯周病などのスピリチュアルな原因としてもう1つ考えられるのが、「スロートチャクラ(第5チャクラ)の詰まり」です。

スロートチャクラ周辺でエネルギー(氣)が詰まってくると、歯や歯肉、唇、下、扁桃腺、上あご、頸椎、甲状腺など、首周辺や口腔内の器官に問題が生じやすくなるんです。スロートチャクラを通じて「生命力」を受け取れなくなるから。

スロートチャクラが詰まると、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。
生命力が弱くなると免疫システムも弱まるので、菌に負けてしまうのです。

スロートチャクラ周辺で氣の流れを妨げるものは、毎度おなじみ(^^;)「ネガティブな感情」です。

特に、スロートチャクラは「魂の要求」と関連するチャクラなので、本当の自分自身を表現したいという魂の望みや目的が叶えられていないと、スロートチャクラ周辺にブロックが生じます。

社会的な義務や責任を果たすことに一生懸命になっている人、人の期待に応えようと真面目に生きている人ほど注意してください。
本当にやりたいことや好奇心、創造性を押さえつけていると、その抑圧されたエネルギーがブロックとなり、虫歯や歯周病だけじゃなく、首や喉の病気にもなりやすくなりますのでね。

スポンサーリンク

関連記事

パワハラ上司と厳しい上司の見分け方~いじめと指導はココが違う

彼があなたと結婚したいと思っているサイン

食べた物はチャクラに影響する~食物でチャクラバランスを整えよう

スピリチュアルにダイエットする方法|意識を変えたら痩せられる!

コンプレックスを克服する方法~弱点・欠点をどう扱うべき?

別れた彼と復縁できる可能性はある?よりが戻るかはコレで判断