吐き気や嘔吐のスピリチュアルな意味

病気や体調不良で痛みや不快な症状が起こるということは、身体だけに問題があるということはなく、必ずスピリチュアル的なことも関係しています。
心の問題やエネルギー的な問題をクリアにすると症状もピタッと治まるということはよくあります。

もちろん、胃がムカムカする吐き気や嘔吐にも、何らかのエネルギー的な問題が原因としてあります。この記事で詳しくご紹介しましょう。

吐き気や嘔吐のスピリチュアルな意味

吐き気や嘔吐という体の反応をスピリチュアル的に視ると、その原因は3つあります。
それぞれ詳しく解説します。

エネルギーの排出

吐き気や嘔吐の一般的な原因としては、体に合わないものを食べたとか、胃の病気、ウイルスや細菌によるもの、頭痛など自律神経失調によるもの、妊娠のつわりなどがあります。

でも、同じものを食べても吐き気が起きない人もいるし、同じ病気になっても症状は人それぞれでまったく吐き気が起きない人もいます。
そもそも生まれつき胃腸が丈夫で吐くという行為をしたことが無い、という人さえいるかと思います。
妊娠中のつわりにしても、一人目を妊娠したときはまったくつわりが無かったのに、二人目の妊娠中はゲーゲー嘔吐しまくり、ということもあるでしょう。
なぜ人や場合によってそういう違いがあるのか、不思議ですよね。

もちろん、生まれ持った体質によるところもあるけれど、個人個人の持っているエネルギーが違うということが原因としてかなり大きいです。

スピリチュアル的に、つまりエネルギー的に視ると、吐き気や嘔吐というのは、

身体が、溜まったエネルギーを外に出したがっている状態です。

つまり、体内に古くて必要のないエネルギーがあって、身体がそれを外に出そうとしているから吐き気を感じるわけです。
ムカムカして実際に吐いたら、胃だけじゃなく気持ちまでスッキリした、という経験がある人も少なくないでしょう。それは、いらないエネルギーが出ていったから。
そういう意味では、嘔吐は浄化のプロセスと言えます。

体内に溜まる不要なエネルギーというのは何かというと、多くの場合、それは「感情」です。
心の中に緊張や怒り、憎しみ、恐怖、不安、憤り、嫌悪感のようなネガティブな思いが生まれたとき、それらを言葉や行動で表現せずにいると、そのエネルギーは身体の中で行き場を失います。そして最終的には、吐き気として外に開放されることになります。

不要なエネルギーが「食物」の場合もあります。
身体に合わない物や、必要ない物を食べると、物質としては消化されても、エネルギー的には消化されずに体内に蓄積され続けます。そして、身体は不要なエネルギーを外に出そうとして嘔吐するのです。

吐き気を感じたり嘔吐した時、最近の自分をちょっと振り返ってみてください。
言いたいけど言えなかったりすることや、素直に表現していない想いなどがたくさんあるのではないでしょうか?

感情を抱えすぎている

身体に溜まった「感情」が吐き気として外に出てくると言いましたが、その「感情」というのは、ネガティブなものだけではありません。
喜びやワクワク感などのポジティブな感情も、体内に溜まると吐き気や嘔吐の原因となります。

スポンサーリンク

ネガティブであれポジティブであれ感情は一つのエネルギー体なので、身体に溜め込んでおいて良いものではないんです。
感情は次々に生まれるので、基本的にどんどん流して解放していく必要があるんですが、何かがブロックとなってうまく開放できないと、そのまま体内にとどまり続け、身体と心にとって不要なモノ、つまり毒になってしまいます。

私は昔、人の顔色をうかがいながら我慢に我慢を重ねて生きていた時があって、その時は、しょっちゅう頭痛と吐き気に悩まされてよく寝込んでいました。具合が悪くなると、胃薬を飲んだりアスピリンを服用したりしていたけど、根本的に治る気がまったくしませんでした。
それどころか、薬を飲めば飲むほどより頻繁に吐くようになり、身体が疲弊していく感覚があって・・・・
そこで気づいたんです。「何かがおかしい。これは身体だけの問題じゃないな」と。
それから心やエネルギーのことに興味を持ち調べ始め、それまでの生き方や性格を変えるようにしました。
生き方と性格を変えると言っても大したことはしていません。

  • 思ったこと、感じたことを口に出したり文章にしたりして表現する。
  • 誰かに怒りを感じたら、ケンカになったとしても本音を言う。

それくらいです。
それだけでも、たまにあった頭痛を吐き気の頻度は激減しました。
今でも胃がムカムカすることはたまにあるけど、寝込むほどひどくはなりません。

ただ、自分の気持ちを口に出して言う・表現する、というのは、できる人にとってはごくごく当たり前のことだけど、もともと内向的な人やHSPの人にとってはけっこう難しいですよね。
それでも心と体の健康のためには、ぜひとも取り組んだ方が良い課題だとは思います。
本音を言えるようにさえなれば吐き気や嘔吐が改善する人ってけっこういるはずですから。

霊的な成長、学びのお知らせ

吐き気や嘔吐には、スピリチュアル的にもう一つ意味があります。
それは、霊的な成長や学びが起こる「前触れ」、つまり「お知らせ」という意味。
いわゆるアセンション病というものですね。

「アセンション」なんてもう古い言葉かもしれませんが、魂のステップアップという意味では、アセンションは時代を問わずいつでも誰にでも起こり得ます。
アセンション病とは一言で言うと、エネルギーの入れ替えにともなう様々な不快な症状のこと。そして吐き気や嘔吐もその症状の一つです。

ちなみに、妊娠するとつわりで吐き気や嘔吐に苦しむ女性は多いですが、これもアセンション病の一つです。
つわりというのはスピリチュアル的に2つの意味があり、1つは、お腹の中に自分ではないエネルギーが生まれたことによる、身体の解毒反応。
そしてもう一つは、母になることで魂がレベルアップするお知らせ、という意味もあります。

 

吐き気や嘔吐というのは、それ自体は病気ではないし、感情面の問題やアセンション病などエネルギー的なことが原因の場合は、ゆっくり休んでいれば1~2日で良くなると思います。
そして、吐き気が治まったら身体と気持ちが軽くなるはず。
それは「ひとまず解毒完了!」という体からの合図です。

スポンサーリンク

関連記事

その不調は魂の疲れが原因かも?|魂が疲れた時の症状、回復方法

生きる力を奪うエネルギーバンパイア|彼らの特徴と身を守る方法

コンプレックスを克服する方法~弱点・欠点をどう扱うべき?

DNAがアクティベート(活性化)しているサイン・兆候

職場でのいじめに立ち向かう方法といじめられやすい人の特徴

「縁」のスピリチュアルな意味|縁切りするとはどういうこと?