鏡は異次元へのポータルとなり、霊を引き寄せる

「鏡に霊が映る」
「鏡は異次元へ通じている」
なんともオカルトチックに聞こえますが、これは事実だったりします。
鏡はその性質上、霊を引き寄せやすく、霊界とこの世をつなぐポータル(門)にもなりやすい物質なのです。

この記事では、霊を引き寄せる鏡の特徴と、スピリチュアル的な鏡の正しい扱い方についてご紹介します。

鏡には霊が映る

あなたは、鏡に映った霊を見たことはありますか?

鏡に霊が映るのはよくあることで、しかもけっこうあからさまに映るので、霊感がなくても気づく人は多いです。

怪談話にもありますよね。
たとえば、

・鏡に映った自分自身の後ろで、影や霧状のものがチラッと動いた。
・部屋に誰もいないのに、鏡に人影が映っていた。
・運転をしていたら、バックミラーに黒っぽい影が映った。

といった不気味なホラー話。
この記事を読んでいる人の中にも、実際にそういう経験したことのある人はいるのではないでしょうか。
「単なる目の錯覚だ」と、気にもしないかもしれませんが、実際のところ目の錯覚などではなく、本当に霊が鏡に映りこんでいる可能性は十分にあります。

なぜなら、鏡という物質は、霊を引き寄せやすい物だからです。
どんな鏡でも霊が映る可能性はありますが、持ち主や環境の影響を受けてアストラル次元(霊界)とこの世をつなぐポータル(門、ゲート)になっている鏡は、特に霊が映りやすいといえます。

 

↓ 一人で悩んでいても解決しません。どんな小さなことでも相談してください

⇒ 電話占いピュアリ公式サイトへ

霊を引き寄せる鏡の特徴

アストラル次元とこの世をつなぐポータルになっている鏡、とはどういうものかというと、
アストラル次元にいるいろいろなエネルギー体、つまり、幽霊やゴーストと呼ばれる存在が、この世(物質次元)にやってくるときに使うドアの役割をする鏡です。
霊的な存在は、ポータル化した鏡を通ってこの世に来ることができます。

鏡がポータル化する原因は、主に2つあります。

人の念が溜まっている

スピリチュアル的に見ると、鏡という物質には、人が発する念(エネルギー)を取り込んで溜め込む性質があります。

人の「考え」「感情」「欲望」「行動」はすべてエネルギーでできている、ということはこのブログを読んでいる皆さんなら知っていますよね。
あなたが何かを考えたり、感じたり、願ったり、反応したりするたびに、あなたはエネルギーを周りに放射しているわけですが、その放射したエネルギーは、あなたの持ち物や周りにある物が吸収しています。

特に鏡は、人のエネルギーを吸収しやすい物で、あなたが毎日見ている鏡には、あなたのエネルギーが埋め込まれていると言えます。

毎日、鏡を見ながら髪の毛をブローしたり、お化粧したり、葉を磨いたりしながら鏡をジッと見つめ、何かを思いますよね。
「しわが増えてきた、これ以上老けるのは嫌だ」
「うわっ、目の下にクマがある。」
「もっとかわいく生まれたかった・・・」
といった不満を感じたり、自己否定したり・・・・

あるいは、

「私って綺麗だわ」
「オレってけっこうイケてるな」
といった虚栄心やプライドを増長したり・・・・・

鏡の前で身づくろいしながら、今日会う予定の人についてや、仕事のこと、将来のこと、家族の問題などを考えることもあるでしょう。

あなたのそういうエネルギーを鏡はダイレクトに受け取り、それらが鏡に刻印されると、鏡自体がエネルギー次元につながりやすくなります。
そう、鏡がポータル化するのです。

そして、鏡に刻印されたエネルギーは、同じレベルのエネルギーを引き寄せます。

ネガティブなエネルギーがたくさん刻印された鏡は、同じような低いエネルギーを持つ低級霊や地縛霊を引き寄せます。

溜まったエネルギーが増幅している

鏡にはさらに、吸収したエネルギーを増幅させる性質があります。
ピカピカに磨かれた金属とかプールやお風呂の水面などもそうですが、鏡のように反射するものというのはエネルギーを活性化し、増やす働きをするんですね。
1のエネルギーを吸収した鏡は、それを10にも20にも増やすということです。
エネルギーを増やす性質ゆえに、鏡はエネルギー次元に通じるポータルになりやすいわけです。

特に、家の中で2つの鏡を向かい合わせに置くのはNG。
鏡を向かい合わせに配置するとポータルが3方向に開かれるため、エネルギーが極度に活性化します。そして、霊やその他もろもろの目には見えないモノたちがあらゆる方向から集まります。
家の中が幽霊のオンパレードになることもありえますよ。

スピリチュアル的に鏡を正しく扱うには?

鏡というものがけっこうスピリチュアルな物だということがお分かりいただけたでしょうか?

ここからは、鏡を霊に使われないようにするために、スピリチュアル的に鏡を正しく扱う方法をお教えしましょう。

鏡を布で覆う

霊を家の中に入れないためには、部屋に置いてある姿見や化粧台などの大きな鏡を布で覆うことをおすすめします。
普段は鏡に布をかぶせておいて、使うときだけ布を外すようにします。
布で覆っていると、霊界につながるポータルとして機能しなくなるし、鏡に溜まったネガティブエネルギーの活性化も抑えられます。

スポンサーリンク

ちなみに、鏡のポータルは開くよりも閉じる方が断然難しいです。一度開いたポータルは、霊能力と特殊な技術がなければ閉じることはほぼ不可能と思ってください。
なので、布をかぶせておくのがいちばん簡単で効果があります。

寝室に鏡を置かない

それから、鏡はなるべく寝室に置かないこと。
小さい手鏡なら問題ないですが、大きめの鏡はやめたほうが良いです。
理由は二つあります。
一つは、上でも書きましたが、鏡はエネルギーを活性化して増やす働きがある物だからです。
寝室に鏡を置くと、その場のエネルギーが増えすぎて睡眠を妨げます。
不眠にならずとも、大きな鏡を置くとリラックスできない、落ち着かない環境となりがちです。

二つ目の理由は、眠っているときは、霊の影響を受けやすくなるからです。
睡眠中というのは、誰でもアストラル次元に片足突っ込んだ状態になっています。
つまり、人間と霊がコミュニケーションしやすくなっている状態なので、そこに鏡があると、霊的な問題が起こりやすくなります。
寝ているときに霊から悪い影響を受けると、悪夢を見たり、寝ても疲れが取れなくなったりします。

どうしても寝室に大きな鏡を置かなければならないなら、自分の寝ている姿が鏡に映らない位置に配置すると多少は霊的影響を避けられます。
もちろん、普段から鏡には布をかぶせてくださいね。

神棚や仏壇の向かい側に鏡を置かない

上で、2つの鏡を向かい合わせに置いたらダメと書きましたが、神棚や仏壇と向かい合わせに鏡を置くのもNGです。

神棚や仏壇などは、アストラル次元につながるポータルとして機能しています。
そのようなポータルの向かいに、もう一つのポータルとなりやすい鏡を置くと、エネルギーとエネルギーがぶつかりあってしまうからです。

スペースの都合上避けられない場合は、神棚と鏡との間に、観葉植物や家具などを置いてエネルギーの流れを遮断すれば大丈夫です。
上で書いたように鏡に布をかぶせても良いのですが、鏡を使うときもネガティブエネルギーの流れを遮断するためには、鏡の前になにか置いておくのがベストです。

 

最後に、、、
鏡に霊を引き寄せる力があるのは事実ですが、必要以上に怖がらなくても大丈夫です。
ほとんどの霊は人間に危害を加えることはないので、たとえ鏡に霊が映ったとしても、気にしなければたいていは問題ないと思います。
「怖い」という気持ちが、霊を引き寄せてしまうこともありますからね。

ただ、場所や土地によって、どうしても霊が集まりやすい家というのはあって、そういう家に大きな鏡があると、霊による健康被害、精神疾患などの問題も起こりやすいかもしれません。
もし気になることがあれば霊能力のある専門家に相談することをおすすめします。

 

霊能力を持つ先生に、霊的な問題を相談できます。相談者に合わせて解決の糸口を導き出します。

美愛先生 (電話占いピュアリ在籍)

20年以上の鑑定歴をもち、タロットマスターとして10万人以上もの悩みを解決してきた美愛先生。

人の魂のメッセージを読み、過去世の記憶まで呼び出すことのできる霊能力を持ち、復縁や復活愛、難しい恋愛問題を得意とする。一人ひとりに合った的確なアドバイスに定評がある。

初回10分無料鑑定実施中
ピュアリ公式サイトで詳細を見る

 

香桜(かおん)先生

電話占いウィルの看板鑑定師とも言える、実力、能力、実績すべてにおいて秀でている香桜先生。

密教の修行経験、陰陽師としての活動実績、自身も山あり谷ありの苦難の人生を歩んできた経験から、相談者一人一人を大切にした丁寧な鑑定を行なう。
たぐいまれな霊能力に加え、数多くの占術を使いこなせる確かな実力で、恋愛・人間関係・霊障害・健康や心のバランス調整まで幅広い相談を得意とする。


初回3,000円分無料お試し鑑定キャンペーン中
ウィルの公式サイトで詳細を見る

スポンサーリンク

関連記事

オーラを浄化してネガティブエネルギーから身を守る方法

【ツインレイ】男性と女性の違い

エンパス体質と霊感体質の違い~それぞれの特徴は?

失敗を乗り越える方法~過ちを犯した心の痛みを和らげる4ステップ

「人は一生のうちに3回だけ本当の恋をする」ってホントなの?

時計が止まるスピリチュアルな意味