嫉妬してしまうのはなぜ?人を羨む気持ちを抑えるには

嫉妬してしまう理由。どうすれば嫉妬しなくなる?

器が小さい

どんな時に嫉妬しますか?
嫉妬って、いろいろな状況で湧き起こりますよね。

例えば、
恋人が他の異性と仲良くしているのを見た時。
元カレに新しい恋人ができた時。
夫の浮気相手に対して。
誰かが宝くじの高額当選した時。
同僚が仕事で昇進した時。

相手が幸せなのを見ると「うらやましいな」と思ってしまうことって誰にでもあります。
「いいなぁ」って、ちょっとうらやましく思うだけなら、なにも害はないです。
でもそこに「なぜ自分じゃないんだ」とか「私を差し置いて、何でアイツが!」とか、自分は自分はというエゴが出てくると、みにくい “嫉妬心” になるわけです。

嫉妬心に苦しむということは、あなたに相手の幸せを喜ぶだけの気持ちの余裕がないということ。
つまり、”あなたの心が狭い” ”器が小さい” ということです。

「自分は器の小さい人間だ」なんて認めたくないかもしれないけれど、実際そうなんですよ。
大丈夫。潔く認めてしまった方が気持ちがラクになるし、湧いてくる嫉妬心をコントロールしやすくなりますから。

生まれながらの聖人君子でない限り、誰だって嫉妬に苦しんだことはあるはず。
嫉妬することは恥ずかしいことじゃないのだから、「私は器が小さい」って自分の弱さを認めて、ある意味開き直ってしまいましょうよ。
嫉妬心に振り回されないためには、まずそこからだと思います。

 

↓ 「誰かに辛い気持ちを打ち明けたい」そんな時も占い師にご相談ください。

⇒ 電話占いピュアリ公式サイトへ

自分を他人と比較している

まず嫉妬してしまう自分の器の小ささを認める。
それから、なぜ嫉妬してしまうのかを考えてみるんです。

嫉妬する時というのはたいてい、心の中で自分を他人と比べています。
「あの人に比べると私って魅力がない」「あの人は○○なのに私って・・・」などと勝手に自己卑下して、自分には価値がないと思いこんでいる状態でしょう。
だから、必要以上に人のことをうらやましいと思ってしまうわけです。

この記事を読んでいる人なら、「自分らしくいることが何よりも大切」ということは知っているだろうし、「自分は自分。他人は他人。」ということだって、言われなくても分かっていると思います。
それでも他人と比較してしまうことを止められないのは、いったいなぜなんでしょうね?
「せーかいーにひーとーつだーけーのはーなー」って、頭では分かっているのにね。

多分、なんですよ。

何かあるたびに、自分を他人と比べることがクセになっているんです。
いつも誰かと比較して、「私ってまだまだダメだ~」と落ち込むことがパターン化していませんか?

その癖を止めてみてはどうでしょう。
比較するなら、他人とではなく、“過去の自分” と比較すればいいんです。
昔の自分と比べてどれだけ成長したのかを考えれば、嫉妬することなんてなくなります。

インナーチャイルドが傷ついている

そうはいっても、「どうしても人のことを気にしてしまって、うらやましい気持ちが止まらない」という人もいるかと思います。

そういう人は多分、インナーチャイルドが原因になっていると思います。

インナーチャイルドというのは、エゴ(自我)のこと。
インナーチャイルドはあなたの心の中にいて、「ボクを愛して!」「アタシに注目して!」と要求しているあなたの一部であり、あなたの内なる子供です。

個人的に私は、今起きている問題をすべてインナーチャイルドのせいにするのはあまり好きではないのですが、それでも心が苦しい時というのは、インナーチャイルドが大きく関係しているので無視はできません。
なぜなら、インナーチャイルドは、過去のトラウマや心の傷、身体、感情などに関連していて、自分自身の土台となるものだから。
インナーチャイルドが満たされていないと、身体や心のどんな問題も解決しません。

嫉妬をしてしまう時や、人のことをうらやむ気持ちが止まらない時というのは、インナーチャイルドが満たされていないということ。
インナーチャイルドに向けられるべき愛と注目が、他の人に向けられている時に嫉妬が生まれるわけなので。
意識がずーっと他人に向いていると、インナーチャイルドは無視されていると感じるんです。

「あの人がうらやましい」と感じる時というのは、「他人に向けている意識をアタシに向けてよ」とインナーチャイルドが叫んでいる状態ってこと。
つまり、すごく嫉妬心が湧くということは、自分自身に対してまったく愛を与えていない状態なわけです。

自分自身を愛していないと、傷ついたインナーチャイルドは自分の価値を確かめるために他人に愛を求めるようになります。
インナーチャイルドは「自分の価値を証明すれば愛してもらえるかもしれない」と考えて、自分を他人と比べて、人よりも良くあろうとします。
それが、嫉妬の原因です。

スポンサーリンク

なので、嫉妬を止めるには、インナーチャイルド、つまり自分を愛すればいいわけです。
自分を愛するとは、自分の本当の望み、気持ち、やりたいことを叶えることです。
そうすれば、インナーチャイルドは自分の価値を証明しようとがんばる必要がなくなり、嫉妬心も湧かなくなります。

嫉妬するとエネルギーレベルで何が起こる?

嫉妬は、する側もされる側も傷つきます。
嫉妬をする側は、そもそも心が傷ついているから嫉妬をしてしまうわけだし、嫉妬される側も、嫉妬というエネルギー攻撃から身を守らなくてはならないのです。

このブログで何度も言っているように、すべての感情や想いはエネルギーです。
もちろん嫉妬もエネルギーなので、相手に向かって飛びます。

嫉妬のエネルギーは、する人からされる人へ飛び、両者の潜在意識下で干渉し合います。
嫉妬された人はたいてい、自分自身のオーラを小さくして嫉妬攻撃から身を守ります(無意識に)。魂の輝きをあえて抑えて防御するんですね。

嫉妬をして苦しいのは自分だけじゃないということです。
嫉妬はエネルギーレベルでの暴力のようなものなので、相手のことも傷つけるということを知っておいてくださいね。

でも、好きなことをやって成功している人や、もともとの魂の輝きが強い人は大丈夫かもしれません。
誰かに嫉妬されても、その嫉妬エネルギーを自分のパワーに変えることができるから。
数は少ないけれど、他人からの嫉妬エネルギーを成功の糧にできる人もいるんです。

嫉妬してもOK

さて、なんだかんだ書きましたが、「嫉妬することは絶対にダメ」と言いたいわけではないです。
嫉妬だって人間としての自然な感情だから。
誰もが成長の過程で経験することなのだから、人間だったら嫉妬して当たり前。

「うらやましい」という自然な気持ちを無理やり押さえ込んでも辛いだけです。
だから、嫉妬を「他人のことを気にしすぎているシグナル」として見ればいいのではないかと思います。
そして羨ましいと感じたら、すぐに意識を自分に戻すようにするんです。

大丈夫。心が成熟すれば嫉妬もしなくなりますから。
そのうち、嫉妬って何のこと?私の辞書には“嫉妬”という文字はない」なんてくらいの意識レベルにいきますよ( ´∀` )

 

身体と心と魂は、密接に繋がっています。
霊能力を使った鑑定で、苦しみの原因を明らかにします。

美愛(びあん)先生 電話占いピュアリ在籍
20年以上の鑑定歴をもち、たぐいまれな霊能力と数多くの占術を使いこなす実力で10万人以上もの悩みを解決してきた美愛先生。

不慮の事故に見舞われ、臨死体験をしたことから、他人の魂のメッセージも心に届くようになったという。

霊的なリーディングとタロットの組み合わせで、魂と肉体のエーテルにアクセスし、相談者の過去世の記憶を呼び出す。
さらに過去世のホロスコープ(ドラゴンヘッド)と西洋占星術で、現世のミッション、幸せになる方法や願いのかなえ方を伝える鑑定スタイル。

初回10分無料鑑定実施中
ピュアリ公式サイトで詳細を見る

 

香桜(かおん)先生 電話占いウィル在籍
電話占いウィルの看板鑑定師とも言える、実力、能力、実績すべてにおいて秀でている香桜先生。

密教の修行経験、陰陽師としての活動実績、自身も山あり谷ありの苦難の人生を歩んできた経験から、相談者一人一人を大切にする丁寧な鑑定に定評がある。

たぐいまれな霊能力に加え、数多くの占術を使いこなせる確かな実力で、恋愛・人間関係・霊障害・健康や心のバランス調整まで幅広い相談を得意とする。


初回3,000円分無料お試し鑑定キャンペーン中
ウィルの公式サイトで詳細を見る

 

スポンサーリンク

関連記事

オーラを浄化してネガティブエネルギーから身を守る方法

幽体離脱(体外離脱)のやり方~簡単なテクニック、コツを紹介

天然石(パワーストーン)でヒーリングする方法|あなたに合う石は?

12色のオーラ|それぞれの色にはどんな意味と特徴があるの?

コールドリーディングをする占い師を見分ける方法

オーラを視る方法~誰でも5分でオーラが視えるようになる!