風の時代が到来!もっと自由に生きるためのヒント

2020年12月に、土の時代から風の時代へのシフトが始まりました。
そのきっかけは、木星と土星が重なるグレートコンジャンクションという占星術的な現象。
この現象は約20年に一度起こるもので、過去200年間ずっと「地の星座」(牡牛座・乙女座・山羊座)で起きていたのですが、今回2020年末の重なりは「風の星座」である水瓶座で起こったため、これからは水瓶座的な生き方をする方が生きやすくなると言われています。
時代の流れ、世の中の雰囲気も、水瓶座の考え方や行動パターンに合わせてくるような感じになってくるはずです。
それに合わせて、私たち個人個人も生き方を見直すタイミングなのではないでしょうか。

この記事では、これから本格化する風の時代をどう生きればいいのか、ヒントになることを書いてみました。

風の時代はどうなる?

2021年から、どのような世界になっていくのでしょう?

まず確実に言えることは、水瓶座的な要素が多くなるということ。
水瓶座の要素というと、「友愛」「自由」「コミュニケーション」「知性」「柔軟な考え」「個人」などがあります。

なので、

  • 人と協力しながら創り上げる。
  • 知性をつかってより便利なものを発明する。
  • 古い習慣や価値観を壊し、より良いものに修正していく。
  • 人それぞれの「個性」を尊重し、認め合う。

 

そういった水瓶座ならではの特性、空気感がこれからの世の中のスタンダードになっていのです。
中でも、「自由」は、風の時代のもっとも重要なキーワード
これからは、義務や責任にとらわれないで、やりたいと思ったことをすぐにやる、そんな水瓶座的な「自由な生き方」をする方が生きやすくなります。

 

↓ 電話占いで、悩みや不安を相談できます。

⇒ 電話占いピュアリ公式サイトへ

「自由に生きる」ということ

そこでいきなり「自由に生きた方が良い」と言われても、どうしていいか分からないという人も多いのではないでしょうか?
世の中にはいろいろな制限があるから、自由に生きるってなかなか難しいことですよね。
特に今は、マスクをしなければならなかったり、外出規制などがあったりして、思い通りにできないことも多いですからね。
でも、たとえどんな制限があったとしても、その中でできる限り「自分が心地よくいられる選択をしていく」ことが、結果として「自由に生きる」ことに繋がるのではないでしょうか。

と、偉そうに言っている私もまだまだ未熟者。「自分が心地よくいられることを選択」できていないことも多いです(^^;)
仕事で、やりたくない業務を無理して受けてしまったり、気が合わない人と付き合っていたり、行きたくない集まりに顔を出したりなど、ついつい我慢してやってしまっているんですよね。

これからは、そういう我慢を1つずつ止めていく。
嫌なことをやらない勇気を持つ。
それが、風の時代にふさわしい生き方であるのは間違いありません。

風の時代を自由に生きるためのヒント

前置きが長くなりましたが、風の時代をもっと幸せに、自由に生きるためのヒントをご紹介したいと思います。

バランスを取る

自由に生きるためにすごく重要なのは、「バランス」です。

これから先、精神的、感情的に、自分の内側のバランスが取れていることがさらに重要になってくると思います。

なぜなら、内面のバランスが取れている人ほど、自分を信じて行動できる強さがあるから。そういう人はやりたいことをやれるパワーがあるんです。「自由」に生きられるんですね。だから、そういう人はこれからの風の時代を謳歌できるはず。
逆に、内面が整っていなくてバランスが崩れている人は、過去のトラウマや古い価値観、カルマ、傷ついたインナーチャイルドに縛られているので、ますます身動きできなくなってきます。

「内側のバランスを取る」とはどういう状態か簡単に言うと「極端にならない」ということです。

例えば、

  • 物事に執着しないけど、まったくの無関心でもない。
  • 鬱でもなく、躁でもない。
  • 熱くなりすぎず、冷たくなりすぎず。
  • 悪いことも良いこともすべて受け入れる。
  • 思考も使い、直感も使う。

そんな ”中立的” な感じです。

心の振り幅が30cmあるとすると、0cmか30cmどちらか一方に傾くとバランスが崩れます。
自由でいるためには、真ん中の15cmあたりにいる状態を保つんです。
いつもニュートラルな状態にいられる人って、自由なんですよ。
視野が広くて、どこにだって行けるから。

スポンサーリンク

感情移入しない

さて。
自由に生きるためには内面のバランスが大切、と書きましたが、そうは言っても、生きていればいろいろなことが起きて、心のバランスが崩れることだってありますよね。
絶対に心が乱れず、常に完璧にバランスを取れる人なんていません。

特にバランスを取るのが難しいのは、人間関係だと思います。

苦手な人とどうしても付き合わなければいけないこともあるだろうし、人の愚痴や文句をきかなきゃいけない時もあったりして、人間関係で我慢しなきゃいけない時や自由に振る舞えない場面ってけっこう多いですよね。

そこで、苦手な人と一緒にいる時や、相手がネガティブな波動を発している時に、その相手から影響を受けなくなる方法があります。
それは、その相手に感情移入しないこと。
冷たいように聞こえるかもしれないけれど、これは、あなた自身を守るために大事なことです。

なぜなら、相手が怒りや悲しみなどネガティブなエネルギーを発しているときに、あなたがその相手に感情移入すると、相手が感じているエネルギーをあなたも感じることになり、あなたがいろいろな面で病んでくるからです。

人の愚痴は、サラッと聞き流す。
苦手な人と一緒にいる時は、感情のスイッチをオフにする。
そんなふうに、一歩引いて付き合うと良いですよ。

流れに沿う

それから、もう1つ。
バランスを取って生きるには、「受け身」の姿勢でいることも大切です。

受け身の姿勢とは、

  • 人生にもたらされるものに適応しながら、
  • 今あるもの、手に入るものを最大限に使って、
  • どんなことにも執着せずに、
  • 淡々と生きる ということです。

「これは、こうあるべき」とか「○○が無ければダメ」とか考えて、物事を思い通りにしようとゴリゴリ動き、自分の人生をコントロールしようとする生き方は、もはやこれからの風の時代にマッチしないんですね。

人生の流れに沿って、自分のバイオリズムに抵抗しない受け身な姿勢が、バランスをもたらし、自由に生きるための土台となります。

 

↓ 悩みや問題が無くならないなら、占い師を頼るのも一つの解決法です。
カルマの解消やインナーチャイルドを癒すと、人生が良い方向へと激変することがありますよ。

美愛(びあん)先生 電話占いピュアリ在籍
20年以上の鑑定歴をもち、たぐいまれな霊能力と数多くの占術を使いこなす実力で10万人以上もの悩みを解決してきた美愛先生。

不慮の事故に見舞われ、臨死体験をしたことから、他人の魂のメッセージも心に届くようになったという。

霊的なリーディングとタロットの組み合わせで、魂と肉体のエーテルにアクセスし、相談者の過去世の記憶を呼び出す。
さらに過去世のホロスコープ(ドラゴンヘッド)と西洋占星術で、現世のミッション、幸せになる方法や願いのかなえ方を伝える鑑定スタイル。

初回10分無料鑑定実施中
ピュアリ公式サイトで詳細を見る

 

香桜(かおん)先生 電話占いウィル在籍
電話占いウィルの看板鑑定師とも言える、実力、能力、実績すべてにおいて秀でている香桜先生。

密教の修行経験、陰陽師としての活動実績、自身も山あり谷ありの苦難の人生を歩んできた経験から、相談者一人一人を大切にする丁寧な鑑定に定評がある。

たぐいまれな霊能力に加え、数多くの占術を使いこなせる確かな実力で、恋愛・人間関係・霊障害・健康や心のバランス調整まで幅広い相談を得意とする。


初回3,000円分無料お試し鑑定キャンペーン中
ウィルの公式サイトで詳細を見る

 

スポンサーリンク

関連記事

猫は人を選ぶ~猫が近寄ってくるスピリチュアルな意味

エンパスの恋愛~ナルシストとの恋は悲惨な結果に終わる

意識の進化~意識レベルは7つのステップを通って上がっていく

テレパシーを使って好きな相手にあなたのことを考えさせる方法

インディゴチルドレン 11の特徴

意識が5次元に移行しているサイン~精神が進化する時に起こること