パラレルリアリティを移動して夢を叶える

夢を叶えたい。
望む物を手に入れたい。
理想の自分になりたい。

そんな願いは、今いる世界とは違うパラレルリアリティ(並行世界)に移動することで叶います。
今よりもっと良い世界はすでに存在し、実際に行くことができるのです。

想像できる世界は、すでにある

思い通りに生きられるなら、どんな人生にしますか?

「広い家に住んで、月一度は旅行に行って、ツインレイと一緒になって・・・・」

妄想が広がりますよね。

あなたが妄想した世界は、実在するといったら信じますか?

証明することはできないけれど・・・
夢が叶った素晴らしい世界は、すでに宇宙のどこかに存在しているのです。
人間が想像することができる物や夢みる世界はすべて、パラレルリアリティ(並行世界)として他次元に存在します。

「Aさんが病気」という現実があるなら、その現実と並行して、健康なAさんがいる現実も存在します。
「Bさんは貧乏」という現実があるなら、大金持ちのBさんがいる現実も存在します。
世界(パラレルリアリティ)は無数にあり、それぞれの世界でちょっとずつ違うバージョンのAさんとBさんがいるのです。

その無数にある世界の1つのバージョンに、今この記事を読んでいるあなたは存在しているのです。
(正確に言うと、世界の中にあなたが存在しているのではなく、あなたの中で今の現実が繰り広げられています。あなたの波動に合った現実が、あなたの中で展開しています。)

 

↓ 運命を変えるには?あなたに合う方法をお教えします。

⇒ 電話占いピュアリ公式サイトへ

マンデラエフェクト

唐突ですが、「マンデラエフェクト」って聞いたことありますか?
パラレルリアリティの存在を考えさせられる概念です。

ネット上で、多くの人が「南アフリカの大統領ネルソン・マンデラ氏は1980年代に死亡」と記憶しているのに、実際にはマンデラ氏は2013年まで存命だったため、「私の記憶が間違っているのか?それとも私はパラレルリアリティ(並行世界)に移動したのか?」と騒ぐ人がたくさん出たんです。
そこから、記憶と現実にズレが生じることを「マンデラエフェクト」と言うようになったようです。

なぜ多くの人が「1980年代にマンデラ氏死亡」と記憶していたのか?
その人達は、マンデラ氏が2013年まで生きていたパラレルリアリティに移動してきたのか?

真偽は不明だけど、おもしろいですよね。

 

マンデラエフェクトみたいなことって、もっと小さい規模でよくありませんか?
たとえば私の場合、友人や家族と過去の出来事について話していると、「あの時、あなたは○○って言ったよね」「え?そんなこと言った?」などと、お互いに話がかみ合わなかたり、過去に起こったことについてお互いの記憶が違っている、なんてことがけっこうあります。

「1つの物事についての記憶が異なっている」ということは、お互いに違うタイムラインを生きている(生きてきた)、ということです。
ある意味、真実は1つじゃないんですね。
「自分の記憶」が、その人にとっての真実になるから。

一瞬一瞬パラレルリアリティを移動している

マンデラエフェクトや記憶違いは、「人によって生きている世界が違う」から起きること。
私たちは誰もが一秒間に何度もパラレルリアリティ間を移動しているから、住む世界が違って当たり前なんです。
気付いていないだけで、私たち全員、息をするごと瞬きするごとにパラレルリアリティ間をシフトしているんです。

1つのパラレルリアリティを「一つの画像」としてイメージすると分かりやすいと思います。
一瞬一瞬ごとに無数にある画像の中から1つを選んでいて、その画像の連続、いわば「映画」のようなものが人生、と言えます。

 

すべての人間が1つの地球の上で同じ1つの世界を生きているように見えますが、実は人それぞれ住んでいる世界は違うんですね。

今この瞬間にあなたの目の前にいない人は、今この瞬間は、あなたとは違うパラレルリアリティに生きている、ということでもあります。

だから記憶違いがあったり、同じ出来事でも感じ方や捉え方が違ってきたりするのです。
生きている世界が違うから。

誰かと顔を合わせて会う、ということは、その一時はお互いの世界が交差し、同じパラレルリアリティを経験する、ということになります。

望むパラレルリアリティに移動するには?

少しずつ自分のエネルギーを変えていく

それでは、パラレルリアリティ間を移動するコツをお教えします。

やろうと思えば誰でも今経験している世界とは異なるパラレルリアリティに移動することは可能です。
違うパラレルリアリティに移動すると必ず現実が変わるので、移動したことが分かります。

とは言え、移動するのはなかなか困難かもしれません。(ここが地球での人間稼業の難しいところ)
通常は、望むパラレルリアリティに完全に移動するまでに、通過地点としていくつかのパラレルリアリティを経験することになります。
なぜかというと、たいていの人は、望むパラレルリアリティに自分のエネルギー(氣)を合わせるのに時間がかかるから。
望む人生、望むものを手に入れるために、少しずつ少しずつ自分のエネルギーを変えていく必要があるのです。

スポンサーリンク

このブログで何度も言っていますが、自分のエネルギーを変化させるには「感情のコントロール」が鍵となります。
思考と想像力を使い、感情をコントロールできるようになると、自分自身のエネルギーがゆっくり変化していきます。

ただ、人間の思考回路や感情のスイッチみたいなものは潜在意識にプログラミングされているので、自分のエネルギーを変えるのはかなり難しいのですが。。。

中には数日で違うパラレルリアリティに移行できる人もいるけれど、数か月、数年かかることはざらにあります。
ほとんどの人は、心の奥深くに今までの価値観がプログラミングされてしまっていますから、それを新しい価値観に上書きするのに数年かかるのです。

焦らず自分のペースで進んでいけば良いと思います。

変化を恐れず行動する

一つ言えることは、「変化を恐れずに行動できる人」は人生が変化するのも早いです。
つまり、自分の価値観や常識、信念などを簡単に捨てることができれば、すぐに違うパラレルリアリティに向かうタイムラインに移動できます。
逆に、こだわりが強い人や、言葉では「変わりたい」と言いつつ実は変わることを恐れている人は難しいでしょうね。

現実を変えられるのは自分だけ、ということを忘れないでください。
周りの人や、周りの状況が変わるのではありません。
常に、“あなた“ が変わるのです。
例えば、「○○さんは、以前と変わった」と思ったなら、それは○○さんが変わったのではなく、あなたのエネルギーが変わった結果なのです。
あなたのエネルギーが変わって、違うバージョンの○○さんがいるパラレルリアリティに ”あなたが” 移動したということです。
(正確に言うと、あなたの身体が違う世界に移動したのではなく、あなたの中で映し出される世界が変わった)

毎日毎日同じことを考え続けていたら、同じような現実が現われますよ。
エネルギーに動きがなければ、タイムラインが変わらないのは当然です。

「現実を思い通りに変えたい」「新たに何かを生み出したい」という気持ちがムクムクと湧いてくるなら、その時こそ自分を変化させ、人生を変えるタイミングです。
恐れずに、その直感に従って行動してください。

自分が何を考えているのか、何を感じているのかを観察し見つめ直す。今まで常識だと思っていたこと越えていく。
そういう気持ちがあれば、必ず望むパラレルリアリティへと進んでいくはずです。

 

電話占い鑑定では、霊能力者があなたの「前世からの使命」や「運命やカルマ」を読み取り、今の問題をどうすべきかをお教えします。

美愛先生 (電話占いピュアリ在籍)

20年以上の鑑定歴をもち、タロットマスターとして10万人以上もの悩みを解決してきた美愛先生。

人の魂のメッセージを読み、過去世の記憶まで呼び出すことのできる霊能力を持ち、復縁や復活愛、難しい恋愛問題を得意とする。一人ひとりに合った的確なアドバイスに定評がある。

初回10分無料鑑定実施中
ピュアリ公式サイトで詳細を見る

 

香桜(かおん)先生

電話占いウィルの看板鑑定師とも言える、実力、能力、実績すべてにおいて秀でている香桜先生。

密教の修行経験、陰陽師としての活動実績、自身も山あり谷ありの苦難の人生を歩んできた経験から、相談者一人一人を大切にした丁寧な鑑定を行なう。
たぐいまれな霊能力に加え、数多くの占術を使いこなせる確かな実力で、恋愛・人間関係・霊障害・健康や心のバランス調整まで幅広い相談を得意とする。


初回3,000円分無料お試し鑑定キャンペーン中
ウィルの公式サイトで詳細を見る

スポンサーリンク

関連記事

ツインレイとのケンカを避けるには?

生霊に取り憑かれるということ|憑依を確かめる方法・祓い方

ツインレイの最終段階はどうなるの?~2人の恋に待ち受けること

スピリチュアルな方法でお金を引き寄せるコツ

古い魂を持つ人 10の特徴~あなたの魂は成熟していますか?

ツインレイ(ツインソウル)が経験する8つのステップ