塩を使って邪気(ネガティブエネルギー)を浄化する簡単な方法

塩は、身体と心を浄化する性質がある優れたアイテムです。

この記事では、塩を使ってネガティブエネルギーを除去する方法を3つご紹介します。

塩を使った浄化法のいちばんのメリットは、“簡単にできる” ということ。
塩はどの家にも常備されているものだし、どの方法も思い立ったらすぐにできます。
ちょっとした邪気なら速攻で消去できるから、やれば身体も気持ちもスッキリするはずです。

邪気(ネガティブエネルギー)とは

邪気、つまりネガティブエネルギーとは、波動(周波数)の低いエネルギーのこと。

エネルギーに敏感な霊能力者には、邪気が黒っぽい煙のように見えるのだそう。

ほとんどの人は日常生活を送る中で、多かれ少なかれある程度は邪気の影響を受けています。
そして、邪気の影響を受け続けていると、心身に様々なトラブルが起こります。

例えば、

無気力
怒りや悲しみが消えない
だるい
ものごとを悪い方へと考えてしまう
原因不明の体調不良
思考能力の低下

などなど。
邪気が人間の肉体とメンタル体を黒いエネルギーで包み込み、あらゆる問題を引き起こすのです。

邪気が身体に定着してしまうと、除去するためには、高波動のエネルギーヒーリングや除霊祈願を受ける必要があります。
軽度の症状なら、自分で塩やパワーストーン、セージ、レモンなどの浄化アイテムをうまく使えば回復します。

 

↓ 浄化ヒーリングを得意とする霊能力者が在籍しています。

⇒ 電話占いピュアリ公式サイトへ

塩で邪気(ネガティブエネルギー)を浄化する簡単な方法

まず、注意点が一つあります。
それは、塩の種類について。

浄化に使う塩は、岩塩がベストです。
個人的にはヒマラヤ岩塩がおすすめ。かなりの浄化パワーがあります。

岩塩がなければ、未精製の粗塩でも良いですが、浄化パワーは岩塩の30%くらいです。

避けるべきなのは、精製された食卓塩。
これには固結防止剤が添加されていて、塩風呂などで使うと身体に必要なミネラルが失われてしまいます。

盛り塩(円すい形じゃなくてもOK)

家の浄化には、盛り塩が効果的。
たった小さじ2杯ほどの塩で、邪気を寄せ付けない結界を張ることができます。

盛り塩の型を使って円すい形に塩を盛って、玄関や部屋の角に置いてください。
盛り塩の型はネットで購入できますが、無ければ普通の小皿に塩を入れて置いておくだけでも効果はあります。

塩には、湿気を吸収し、バクテリアを殺し、イオンを放出するという物理的な効能もあるんですよ。
レモンを使った浄化法と併せて行なうと、かなりの浄化パワーが期待できます。

レモンというと、酸っぱいフルーツをイメージする人が多いと思いますが、実はレモンは優れた「浄化アイテム」なんです。 古くから、レモンは空間の...

塩水で足湯(両足を離しておくこと)

邪気やネガティブエネルギーに取り憑かれて身体や心に悪影響が出たら、塩水で足湯をしてください。
症状が重い場合は、一日2~3回行うとよいでしょう。

スポンサーリンク

  1.  両足を入れることができるバケツやたらいを用意する。
  2.  バケツ(たらい)の半分まで水をいれる。
  3.  塩を大匙2杯入れる。
  4.  両脚を2~3cm離して塩水に浸ける。(両足をくっつけないこと。足が互いに触れていると、足から邪気が排出されるのを妨げます。)
  5.  10~15分、両足を浸し続ける。(15分以上やらないこと。水中に排出された邪気が、再度身体に取り込まれるかのうせいがあります。)
  6.  終わったら、水をトイレに流し、バケツを真水で洗います。

 

この方法は、簡単だけど身体に溜まった邪気を除去する効果はバツグン。
私の体感では、全身を浸す塩風呂よりも効果的です。

身体から邪気が排出され始めると、足の感覚がなくなったり痺れたり、欠伸やげっぷが出たりすることがあります。
また、足にぬるぬるした感覚があるかもしれませんが、それは邪気が排出されている証拠なので喜んでください。

浄化の度合いによっては、足湯の水が黒っぽくなったり、悪臭を放ったりすることもあるらしいですよ。

塩風呂(精神の汚れを落とす儀式)

塩風呂は、普通の入浴とは違い、せっけんやシャンプーなどは使いません。
身体を綺麗にするというより、精神や心をキレイにする儀式として行なった方が良いでしょう。

塩風呂のやり方も簡単です。

  1.  浴槽に、熱すぎない温度のお湯を溜める。
  2.  小さじ2~3倍の塩を入れる。(全身を浸すので、足湯よりも塩分濃度は低めです。)
  3.  あれば、エッセンシャルオイルを数滴たらすと良い。(万人向けでリラックス効果があるラベンダーがおすすめ。)
  4.  20~30分間、お湯に浸かる。
  5.  出たら、できるだけタオルで拭かない。バスローブを羽織るのはOK。(自然乾燥がベスト。)
  6.  その後24時間はシャワーで洗い流さない。

 

塩風呂の効果を高めるには、入浴中にネガティブなことを考えないようにすることが大切です。「浄化をする」という意識を忘れずに。

塩風呂は、1ヶ月に一回ほどのペースで行なうとGood。
傷や吹き出物などがある時はやらない方が良いでしょう。(塩水なのですごく痛みます!)

 

咲耶(サヤ)ローズマリー先生

遠隔ヒーリングだけでなく、波動修正、思念伝達、未来予知、占星術など数多くの占術を使いこなし、霊感霊視を使った総合的な鑑定をしてくださる咲耶ローズマリー先生。
「復縁したい」「相手の気持ちを知りたい」など恋愛の悩みを、すぐその場で解決へと導いてくださいます。
話しているだけでヒーリング効果を感じられるような、癒しオーラ溢れる先生です。

初回10分無料鑑定実施中
ピュアリ公式サイトで詳細を見る

スポンサーリンク

関連記事

占いの種類は3つある。どの占術を選ぶべきか?

リモートビューイングに必要な能力は?霊能力や幽体離脱との違いは?

人生をどう生きていけばよいか分からない?|心が苦しい理由と解決法

天然石(パワーストーン)でヒーリングする方法|あなたに合う石は?

上手な占いの受け方~占いが当たらないのはあなたにも原因あり?!

インディゴチルドレン 11の特徴